あなたのほしいザックは見つかりましたか?おすすめモデル4選

登山

登山をするにあたって、ザックは必要不可欠なものの一つですよね。
ザックを自分合ったものに変えるだけで、登山時の疲労に変化を感じることが出来ると思います。

私は、未だに一般的なバックパックを使用しているので、自分に合ったザックがほしいですね。
私の使用しているバックパックは、身体にフィットしていないので、
疲れやすかったり歩きにくかったりします。
なので、自分にフィットするザックがほしいですね。

ザックには、機能性・デザイン性のいいものがほとんどです。
自分に合うものを選ぶことが重要となってくると思います。

登山で必要最低限いるもの
上記の記事で、初心者が持っていくものとして紹介しています。
ザックもいろいろあります。ここでは、ザックについて詳しく取り上げていきます。

 

今回は、ザックのおすすめモデルについて紹介していきます。
その前にザックの特徴を挙げていきます。

スポンサーリンク

ザックの特徴

身体とザックをフィットさせる「背面パッド」

ザックに荷物がたくさん入り重くなっていると、運ぶのも大変となります。
そのときに、「背面パッド」が自分の背中にフィットすることで、身体への疲れが軽減されます。
ザックが自分の身体の一部のようになっているので、一般的なバックパックを背負うよりは軽く感じます。

登山コーナーにあるザックを背負ってみたとき、まず感じたのが「フィット感」でした。
しっかりと身体にフィットしていたので、たくさん荷物が入り重くなったときの体への負担は少なるなるように感じました。

 

腰にも荷重を分散させる「ウエストベルト」

肩だけではなく腰でも荷物を背負うことで、荷重を分散させ疲れを軽減させることができる。
この「ウエストベルト」があるのとないのでは、結構変わります。

たとえば、20㎏の重さを①肩だけで背負うのと、②肩と腰で背負うのとでは、
どちらが楽に登山ができると思いますか?

正解は②肩と腰で背負う方です。

その差は歴然ですね。
なぜなら、肩と腰の両方で背負うと分散されるからです。

背面パッド」と「ウエストベルト」を兼ね備えるとほぼムテキですね。

 

ザックを安定させる「チェストベルト」

ザックがフィットすれば、今度はザックを安定させる必要があります。
歩くたびにザックが左右に動いてしまっては、疲れてしまいますよね。
そこで、「チェストベルト」をつけることで、ザックを安定させることができます。

一般的なバックパックにも「チェストベルト」があるものもありますが、
それよりも登山用のザックは優れています。

ベルトの位置を自由に決めることができます。

胸の厚さは人によって違うので、自分にフィットするように調節しましょう!

 

たくさんの収納スペースとなる「ポケット」

ザックにはたくさんの「ポケット」がついております。
ポケット」には、水分の入ったボトルを入れたり、チョコレートのようなおやつも入れれるので便利ですね。

簡単に取り出しやすいので、わざわざザックを下ろす必要がありません。
ウエストベルト」にもポケットが付いているので、小物など入れたりできます。

登山のときに使うストックも収納できるので、必要のないときは手が空くのでいいですね。

私が今使用しているものは、ポケットが少ないので、多いものに憧れますw
ポケットが多いと、好きなものを好きなところに収納でき登山がより一層楽しめます!!

スポンサーリンク

日帰り登山におすすめのザック4選

基本的に日帰り登山では、30Lあれば大丈夫です。

The NorthFace Tellus 30

このザックはノースフェイスでオススメです。
レディースのモデルも出ているので、女性の方でも気軽に使うことができます

軽量化、背面と肩のフィット感が向上されています。
撥水性・防水性も向上しています。

 

karrimor ridge 30

このザックはカリマーでオススメです。
荷重を効率的に分散させる構造になっているので、背負い心地がいいです。
タイプ1~3まであり、男女問わず身体の大きさに合わせて選ぶといいと思います。

耐久性の高い素材を使用しているので、やや重たいです。

 

deuter FOX 30

このザックはドイターでオススメです。
メッシュの背面パッド」が一番の特徴で、
通気性がいいため汗をかいたときの背中のムレが気にならなくなっています

 

mont-bell キトラパック30

このザックはモンベルでオススメです。
モンベル30Lでは最も機能性が高く、日本ブランドということから日本人の体型に合うようになっています。

私もこのザックを購入しようか考えております。

 

まとめ

今回は、ザックの特徴とおすすめの人気モデルについて紹介させていただきました。

ザックの特徴

  1. 身体とザックをフィットさせる「背面パッド
  2. 腰にも荷重を分散させる「ウエストベルト
  3. ザックを安定させる「チェストベルト
  4. たくさんの収納スペースとなる「ポケット

これらの機能を兼ね備えているザックを選び、自分の身体にフィットするものを選びましょう。
デザインのみで選ぶより機能で選ぶことをオススメします。

ザックがあればムテキですねw

今回は、4つの人気モデルについて紹介しました。
一番のオススメは、最後に挙げたmon-bellのキトラパック30ですね。

私もこのバッグを買おうとしているくらいですのでw

縦走や泊まりで登山するには、40~50くらいのザックがいいですよ。

スポンサーリンク

私がオススメの山をご紹介します。
初心者でも安心!はじめての人にオススメの北海道の山

これらの持ち物を準備しましょう。
登山で必要なものは?初心者が最低限準備しておくもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました