人気漫画『DEATH NOTE』の新作読み切りネームが公開!?

トレンド

7月13日 集英社が運営する『シャンプ+』にて
「バクマン」、「ヒカルの碁」などを手掛けた小畑健さんが
『DEATH NOTE』の新作読み切りネームを公開されました。

『DEATH NOTE』は漫画、アニメ、映画などで取り上げられていますね。

スポンサーリンク

『DEATH NOTE』とは?

『DEATH NOTE』(デスノート)は、主人公の秀才高校生・夜神月が、ある日、“このノートに名前を書かれた人間は死ぬ”と書かれた1冊の「デスノート」を手に入れ、神のような力を手に入れたことに陶酔し、その恐ろしい力を持つノートを利用し“キラ”と名乗りながら、生きる価値がないと思う人間たちを殺し始めるストーリー。“キラ”捕まえるべく、もう一人の主人公・Lとの頭脳戦などが話題となった。

出典:『DEATH NOTE』11年ぶり新作読切発表 
13日『ジャンプ+』で“ネーム”全公開 展覧会で生原稿も

この漫画は有名ですね。
わたしも小学生のころに読んだ記憶があります。
デスノートがあればいいなあと何度も思いましたね。
このノートがほしいと思ったことがある人は多いのではないでしょうか?

さすがにいい歳になると、デスノートなんてほしいとは思わなくなりましたw
そもそも殺人なんて良くないのですから。

『DEATH NOTE』の新作ネームは『ジャンプ+』で

『ジャンプ+』を開くと写真のように、新作読み切りのネームを読むことができます。
わたしも先ほど拝見させていただきましたが、おもしろかったです。
ただ、ネームなだけあって少々読みにくかったです。

ネタバレが嫌な人は、連載するまで読むのを我慢しましょう!!

スポンサーリンク

小畑健展が開催中!!

出典:小畑健展 NEVER COMPLETE 

「DEATH NOTE」や「バクマン」、「ヒカルの碁」などの
小田健さんの作品が好きな人は、ぜひこちらへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

開催場所・アクセス

アーツ千代田 3331
東京都千代田区外神田6丁目11-14
 
  • 東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
  • 東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
  • 都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
  • JR御徒町駅南口より徒歩7分
  • JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
  • JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分

開催期間

2019年7月13日(土)~8月12日(月・祝)
※会期中無休 ※初日に限り日付指定制。入場には初日限定券が必要です。

開催時間

午前10時~午後5時
※毎週金・土曜日と7/14(日)、8/11(日)は午後8時まで延長
※最終入場は、閉場の30分前まで
 
スポンサーリンク
 
こちらの記事もおすすめです。
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました