ソロキャンプ初心者でも安心!!準備すべき持ち物はコレだ!!

キャンプ

こんにちは。ゆーしです。

あなたは『ソロキャンプ』をしたことがありますか?
最近『ソロキャンプ』が流行ってきていますね。
若い女性でも『ソロキャンプ』をすようになってきていますね。

わたしはまだ経験したことがないのでわかりませんが、女性一人でキャンプしてさみしくないのかなぁ~と思います。

でも、家庭を持っていてなかなかひとりの時間が作れない人には、『ソロキャンプ』をすることはひとりの時間が作れるのでいいのではないでしょうか。

家庭を持っていなくても、毎日が忙しい人や日々の生活に変化が欲しい人にはおすすめだと思います。
ソロキャンプ』では、誰に何を言われることもなくキャンプサイトでゆっくりできるので自分の時間を有意義にできますね。

今回は、初めて『ソロキャンプ』をする人に向けて準備しておくべき持ち物をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

結論:最低限テント、シュラフは準備すべし

私は、キャンプの醍醐味といったらテントで一夜を過ごすことだと思います。
なので、まずはキャンプサイトで寝れるように準備していく必要があります。

日帰りで『ソロキャンプ』するのであれば話は別でありますが...

火を起こして、キャンプしてるな~って感じを味わいたい人は、テントやシュラフだけだと物足りないですよね。

ですが、まずは テントシュラフです!!
逆に言うと、これさえ用意しておけば寝ることができるのです。

これで、キャンプ気分は味わうことができますね。
ひとり用テントとシュラフについて簡単にご紹介します。

ひとり用テント

(出典:コールマン ツーリングドームST

テントはキャンプには必須の持ち物です。
テントがないとキャンプをしている気がしませんよね。
テントがあるだけでも気分上がりますよね。

なので、まずはテントを準備していきましょう。
ソロキャンプも普及してきており、今となっては一人用のテントもたくさん売られています。

現在、私はテント持っていないので、お金に余裕ができたら1~2人用の小さいテントを買ってキャンプをしていきたいです!

もし大勢の友達と行くときは、バンガローやコテージを利用すれば、テントが小さくても安心してキャンプを楽しめますね。

なんといっても寝るところを作らないとなりませんからね。

バンガローとコテージの違いについては下の記事にまとめてあります。

知らなきゃ損!バンガローとコテージの違いは?比較してわかりやすく解説
あなたは、キャンプが好きですか? キャンプは楽しいですよね。 まだ、キャンプをしたことがないという方、一度行ってみてはいかがですか? きっと、楽しいと思ってくれると思います。 さて、キャンプをするのに欠かせないのがテントですよね。 ...

シュラフ

(出典:モンベル US ダウンハガー800 #3

シュラフとは寝袋のことです。いもむしみたいですね。
これもキャンプをするには必要ですね。
シュラフは、寝るところとなるテントで使われますね。

テントでシュラフに入っているとなんだか落ち着きますよね。
この気持ちは私だけでしょうか?
おそらく落ち着くという気持ちになる人はたくさんいるのではないでしょうか。

まだ、シュラフに入ったことがない
そこのあなた!!
一度、シュラフに入ってみてください。
きっと、落ち着きますよ。

ただ、真夏の蒸し暑いときに、シュラフに入るのは嫌になるかもしれません。
そんなときは、シュラフを広げて、布団のようにして寝るといいです。
きっと目が覚めたときには、何もかかってないでしょう。

シュラフには夏用冬用があるので、季節にあったものを準備しましょう。

スポンサーリンク

料理するならコンロやバーナー準備すべし

寝るだけじゃ満足できない人もっとアウトドア満喫したい人は、ぜひ料理をしてみてはどうですか?

炭に火をつけてバーベキューは鉄板ですね。
その他にも、フライパンや鍋を使って、料理してキャンプをより満喫することができます。
そのときは食材を忘れずに持参ください!

キャンプ場でバーベキューをするほかに何か料理をしてみては?

最近は『ソロキャンプ』の流行により、ひとり用のバーベキューキットが売っています。
ひとり用のコンロとバーナーについて簡単にご紹介します。

コンロ(焼き台)

(出典:LOGOS the ピラミッドTAKIBI L

バーベキューをするにはコンロがないと始まらないです。
コンロって大きくてかさばるし買っても邪魔くさいな~と思っているそこのあなた!!

そんなときには、写真のようなコンロを買うといいです。
ロゴスのピラミッドコンロだと、10秒くらいで組み立てることができるので、『ソロキャンプ』するひとにはおすすめです。
女性にも簡単に扱えるので、買っておいても損はないと思います。

収納バッグがついているので、持ち運びも楽だし、車に積んでおいても邪魔にならないと思います(車種によっては邪魔になるかもしれません)。

バーナー

(出典:iwatani カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

火を使いたいけどコンロ準備して炭を起こすのがめんどいという人におすすめです。

バーナーを持っていれば、コンロを組み立てる時間が節約できて、すぐに火を使えます。

私はバーナーをよく使用しています。
登山をしているので、頂上でお湯を沸かしてカップ麺を食べています。

風不死岳を上った時の記事です。
カップ麺を食べているのが分かると思います。

バーナーはコンパクトコンロに比べると、小さく軽くてコンパクトコンロより安いので、お金に厳しい人はバーナーでキャンプしてみてください。

【登山】中級者におすすめ!~風不死岳 in 北海道~
樽前山は初心者にもオススメということもあり、よく行かれる方も多くいるかと思います。 樽前山と風不死岳は、縦走できるようになっています。 そこで、今回は風不死岳の魅力、樽前山との比較等をしていきたいと思います。

その他にソロキャンプで準備すると便利なもの

これまで、テント・シュラフ・コンロ・バーナーをご紹介してきました。

その他には、

  • タープ
  • テーブル
  • イス
  • ランタン
  • 食器類
  • 軍手
  • 小説など
    を用意しておくといいと思います。

まとめ

ソロキャンプ初心者で、何を準備したらよいかわからないという
そこのあなた!!

準備するべき持ち物はズバリ!!

  • テント
  • シュラフ

用途によりますが、これがなきゃ始まりませんよ!!

あとは、

  • コンロ
  • タープ
  • テーブル
  • イス
  • ランタン
  • 食器類
  • 軍手

があると完璧です。
さあ、あとはこれらをキャンプ用品で買うだけですよ!!

キャンプ用品をそろえておけば災害時なんかにも活用できるので、
準備しておくといいですよ。

準備ができたら、キャンプ場へGO!!!
北海道の人はこちらも参考にしてください。

【厳選】北海道で人気のキャンプ場はココ!札幌から1時間以内
キャンプといえば、北海道というイメージが強くあります。 自分が北海道出身であるのでそう決めつけていますがw 北海道は広くて自然が豊かですので、キャンプするにはオススメの場所です。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました