知らなきゃ損!バンガローとコテージの違いは?比較してわかりやすく解説

キャンプ

あなたは、キャンプが好きですか?
キャンプは楽しいですよね。
まだ、キャンプをしたことがないという方、一度行ってみてはいかがですか?
きっと、楽しいと思ってくれると思います。

さて、キャンプをするのに欠かせないのがテントですよね。
テントを持って泊まるところを確保できないとキャンプではありませんからね。
テントを忘れてしまうなんてもってのほか。
釣りをするのに、釣り竿がないと言っているようなものですからねw

でも、テントって組み立てるのがめんどさい。持ち運びが大変と思われてる方もいるのではないでしょうか?

そこで、バンガローコテージというものがあります。

では、バンガローとコテージの違いについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

バンガローとコテージの違い

バンガローとは・・・

バンガローは、テントの代わりとなる建物です。
外でバーベキューなどをしたあとに、寝るための場所として使われています。
テントも寝るために使われるツールの一つであり、バンガローはテントの代わりといえるでしょう。
なので、キャンプをしたくてもテントを持ち運ぶのが大変・めんどくさいと思われている方にはオススメです。

バンガローの中は、何もなくただの空間でしかありません。
ガスや電気といった設備は、一切なくすべて自分で用意しなくてはいけません
また、トイレ・お風呂も設置されておりません。

あらかじめ、訪れる場所の環境をチェックしておくといいと思います。
トイレはどこにあるのか、水道を使えるところはあるのか、温泉などが近くにあるのかなど…

場所によっては、照明・コンセントなどが設置されているところもあります。
でも、布団などはないはずなので、寝袋を持っていきましょう。
テント以外のキャンプ用品を持っていくと安心だと思います。

何を持っていけばいいか、わからない方は、下の記事を見てください。

【初心者必見】キャンプに何を持っていけばいいの?準備するものをご紹介!
こんにちは。アウトドアが好きなゆーしです。 小さい時はよく家族とキャンプをしていました。 大人になるとキャンプへ行く機会が少なくなってしまいました。 自分が大きくなり、友達と行こうと思ったがテントがないじゃありませんか! そんなこん...

 

私が小学生くらいのときに、親の友達家族 3家族で、旭川の東神楽にキャンプをしたときはバンガローでした。
2~3名用のバンガローで人数によって大きさが異なります。

記憶が残っているのは、バンガローの中に虫がよく入ってきていたことですね。
気持ち悪くて、寝たくなかったのを覚えていますw

コテージとは・・・

コテージも、バンガローと同様 泊まる施設なのですが、
こちらの施設では、照明・コンセントが使えるのはもちろんのこと
そのほかに、家電・ガス・トイレなども設置されているとことがほとんどです。
ベッドも用意されているので、快適ですね。
お風呂はあるところとないところがあるみたいです。

ですので、食材を用意すれば、そこで暮らすこともできます。
暮らすというのは大袈裟でしたが、それくらいの設備が整っているということです。

コテージは、バンガローよりもきれいなので、清潔感がありますね。
ログハウスのような感じですね。

 

コテージには、小さい時に親の友達家族と一緒に行きました。
(場所はあんまり覚えていません。旭川近辺だったような、ニセコ近辺だったような、、)
設備が整っているため、準備しなければならないものはそれほどなく旅行感覚で行く感じでした。
旅行のときに持っていく着替えなどの持ち物の他に、食材を買っていった記憶があります。

お風呂はなかったのですが、近くに温泉施設があったので、さっぱりすることができました。
キャンプのときはお風呂に入れないので、近くに温泉があってよかったです。

 

大学生時代には、友達と5人で朱鞠内湖のコテージにいきました。
秋風が吹く時期でしたので、夜になると肌寒かったです。
時期が遅かったので、もうアウトドアを楽しんでいる人たちは少なかったです。
さすがに、夏のピークが過ぎたら、アウトドアしませんよねw

その日は、外でバーベキューをして、暗くなるとコテージの中に入って、人狼などして過ごしました。
寝るときは、ベッドがない建物だったので、みんなで寝袋で寝ました。
寝袋は防寒時にはもってこいの必需品ですね。

スポンサーリンク

バンガローとコテージの利用料金の違い

借りるバンガローやコテージによって異なりますが、人数によっても変わってきます。

 

場所によると思いますが、私が前に行ったところは、

  • バンガロー(2名用)2000円程度
  • バンガロー(4名用)4500円程度
  • コテージ6000円程度

となっておりました。時期によっても金額は変わってくると思われますので、事前にホームページなどで確認することをオススメします。

 

まとめ

今回は、バンガローとコテージについての違いについて説明させていただきました。

  • バンガローは、家電・ガス・トイレといった設備がなく、寝るための場所です。
    照明・コンセントは設置されているところがほとんどですが、ないところもあります。
    また、布団などもないので、寝袋で夜を明けることとなります。

  • コテージは、家電・ガス・トイレの設備は完備されており、食材を持っていけば快適に過ごすことが出来ます。

バンガローでは、たくさんの荷物を持っていかなくてならないが、コテージでは少ない荷物で大丈夫という違いもあります。

設備の違いから、すべて整っているコテージの方がバンガローよりは高いです。
でも、大勢で行けば行くほど、一人当たりの料金は安くなります

 

いずれも、テントを用意しなくていいという共通点もあります。
気軽にキャンプをしたい方はぜひバンガローやコテージの使用をオススメします。

スポンサーリンク

キャンプに必要なものは下の記事をご覧ください。

【初心者必見】キャンプに何を持っていけばいいの?準備するものをご紹介!
こんにちは。アウトドアが好きなゆーしです。 小さい時はよく家族とキャンプをしていました。 大人になるとキャンプへ行く機会が少なくなってしまいました。 自分が大きくなり、友達と行こうと思ったがテントがないじゃありませんか! そんなこん...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました