【厳選】北海道で人気のキャンプ場はココ!札幌から1時間以内

キャンプ

こんにちは。ゆーしです。
あなたは、今年キャンプをしましたか?
私は、キャンプに行けてませんw

今、キャンプの時期ですよね。
最近だど、“ソロキャンプ”というように
一人でキャンプに行く人も増えてきていますね。

私もソロキャンプには興味がありますが、
まだ若いのでみんなで行きたい派ですw
30代くらいになったらソロキャンプに
行ってみようかな~と思っています。

キャンプといえば、北海道というイメージが強くあります。
自分が北海道出身であるのでそう決めつけていますがw
北海道は広くて自然が豊かですので、
キャンプするにはオススメの場所です。

それでは、北海道のキャンプ場について
札幌からでも1時間くらいでも
気軽に行けるような場所をピックアップしていきます。

3分くらいで読み終わるので、ぜひ読んでください。

スポンサーリンク

ながぬま マオイオートランド

(出典:ながぬまマオイオートランド

札幌市内から車で高速道路を使用して50分ほどで到着します。

高速道路を使わなくても1時間かからないくらいで着きます。
道路状況によると思うので、混んでいれば1時間以上かかることもあります。

わたしは、ドライブといえば長沼というくらい
長沼は好きですw
あいちゅらんどにはよく行きます。
キャンプに訪れた人は一度行ってみてください。

長沼は千歳にも近いので、道外から来た人も行きやすいです。
道外からもぜひお越しくださいませ。

こちらのキャンプ場には、

  • コテージ
  • キャンピングカーサイト
  • スタンダードカーサイト
  • フリーテントカーサイト

があります。
また、宿泊での利用者には『ながぬま温泉』の半額入館券が付きます。

開設期間   :4月28日~10月31日
チェックイン :13:00~18:00遅れる場合は要連絡
チェックアウト:7:00~11:00

事前予約となっておりますので、
予約としてから行くようにしましょう!

このキャンプ場についてのご不明な点などの
お問い合わせはながぬまマオイオートランドへお願い致します。

センターハウス

  • シャワールーム 7:00~22:00
  • 売店 7:30~20:00
  • トイレ:24時間利用可能
  • コインランドリー:24時間利用可能

コテージ

こちらのコテージの基本情報は下記の表にまとめました。

区画数 5棟
車 駐車スペース
コテージの前に1台
電源の有無
水道関係 コテージに台所あり
特記事項 水洗トイレ・ストーブ・冷蔵庫・テレビ・電気ポット・寝具(4名分)・卓上カセットコンロ(ボンベ別)・台所(食器等なし)・室内照明
ペットの連れ込み 不可
料金(1泊) 10,200円
区画使用料の他に 中学生以上1,020円、小学生510円、幼児無料
日帰りの利用
日帰り料金 5,100円
区画使用料の他に 中学生以上510円、小学生250円、幼児無料

(引用:ながぬまマオイオートランド

キャンピングカーサイト

こちらのキャンピングカーサイトの基本情報は
下記の表にまとめました。

区画数 6区画
区画範囲 テント2~3張ること可能
車 駐車スペース 12mのスペース
牽引トレーラもOK
電源の有無
水道関係 共同炊事棟
特記事項 キャンピングカー用の給水栓付き
ペットの連れ込み 6区画可能
料金(1泊) 3,080円
区画使用料の他に 中学生以上1,020円、小学生510円、幼児無料
日帰りの利用
日帰り料金 1,540円
区画使用料の他に、中学生以上510円、小学生250円、幼児無料

(引用:ながぬまマオイオートランド

スタンダードカーサイト

こちらのスタンダードカーサイトの基本情報は
下記の表にまとめました。

区画数 27区画
区画範囲 テント2つ張ること可能
車 駐車スペース 6mのスペース
普通乗用車・小型キャンピングカー
電源の有無
水道関係 共同炊事棟
特記事項  
ペットの連れ込み 5区画指定場所あり
料金(1泊) 2,050円
区画使用料の他に 中学生以上1,020円、小学生510円、幼児無料
日帰りの利用
日帰り料金 1,020円
区画使用料の他に 中学生以上510円、小学生250円、幼児無料

(引用:ながぬまマオイオートランド

フリーテントサイト

こちらのフリーテントサイトの基本情報は
下記の表にまとめました。

区画数 19区画
区画範囲 テント2つ張ること可能
車 駐車
スペース
×
場内に荷物を降ろし、指定の駐車場へ
電源の有無 ×
水道関係 共同炊事棟
特記事項  
ペットの連れ込み ×
料金(1泊) 510円
区画使用料の他に、中学生以上1,020円、小学生510円、幼児無料
日帰りの利用
日帰り料金 250円
区画使用料の他に 中学生以上510円、小学生250円、幼児無料

(引用:ながぬまマオイオートランド

レンタル用品とご利用料金

ここでは、キャンプに必要なコンロなどを
借りることができるのはもちろんのこと、
テニスコートやラケットを借りてテニスをすることができます。

高校時代テニスをしていたので、コートとラケットなどの
環境があるとしたいなぁって思います。

キャンプは時間をたくさん使えるので、
待ち時間に遊べるのは子どもにとってもうれしいですよね。

準備している人が大変ですが…w

下記にレンタルできるものをまとめました。
参考にどうぞ!!

バーベキューコンロ 540円
カセットコンロ(ボンベ別) 540円
コンロ台 無料
椅子 324円
ドラム式延長コード 無料
テニスラケット 1本:324円
2本:540円
テニスコート(1時間)

キャンプ場利用者 及び
長沼町民利用者:510円
その他利用者:1,020円

自転車(時間制限あり) 300円

(引用:ながぬまマオイオートランド

スポンサーリンク

オートリゾート滝野

(出典:オートリゾート滝野

札幌市内から車で43分ほどで到着します。
滝野には、小さいときに行った記憶があります。
行きたくても、長沼方面に行ってしまうのでw

次、キャンプにいくならココの可能性は高いですね。
滝野すずらん公園もあるので、小さい子どもがいる家族でも楽しめます。

こちらのキャンプサイトは、

  • キャビンSサイト
  • キャビンAサイト
  • キャビンBサイト
  • キャンピングカーサイト
  • スタンダードカーサイト
  • フリーテントカーサイト
  • わんわん ぺっとサイト
  • 夏休み限定スぺシャルフリーサイト

があります。

開設期間   :4月20日~10月31日(予定)
チェックイン :13:00~17:00
       (6~8月のみ18:00まで)
チェックアウト:8:00~11:00

事前予約となっておりますので、
予約としてから行くようにしましょう!

インターネット予約:利用日の7日前まで
          こちらから予約できます
  電話予約   :空きがあるサイトは当日まで
          TEL 011-594-2121

このキャンプ場についてのご不明な点などの
お問い合わせはオートリゾート滝野へお願い致します。

センターハウス

  • シャワールーム 7:00~11:00、
             13:00~22:00
  •  売店     8:00~20:00
  • コインランドリー:24時間利用可能

キャビンSサイト

こちらは、ログキャビンでいわゆるコテージです。
テントがなくても、キャンプができるので
家族連れにはオススメです。
キッチンがあるので、材料の下準備がココでできます。

区画数 6区画
車 駐車
スペース

2台ほど停めれるが、2台目以降は1,050円/台
電源の有無
水道関係 ×
特記事項

照明設備・灯油暖房器・冷蔵庫・TV・ACコンセント(30A)・キッチン・トイレ・屋根付きテラス・マットレス6枚・室内テーブル1台・室内イス4脚・テラス用テーブル1台・テラス用長イス2脚

料金(1泊) 15,450円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円
6名まで(追加料金1,050円/人で最大10人まで)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

キャビンAサイト

こちらもコテージですね。
キッチンがないので、
材料の下準備はしておくといいと思います。

区画数 14区画
車 駐車
スペース

2台ほど停めれるが、2台目以降は1,050円/台
電源の有無
水道関係 ×
特記事項

照明設備・灯油暖房器・冷蔵庫・ACコンセント(20A)・マットレス5枚・座卓テーブル1台

料金(1泊) 9,250円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円  
6名まで(追加料金1,050円/人で最大10人まで)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

キャビンBサイト

区画数 5区画(内2サイトは、敷地面積 狭い)
車 駐車
スペース

2台ほど停めれるが、2台目以降は1,050円/台
電源の有無
水道関係 ×
特記事項

照明設備・灯油暖房器・冷蔵庫・TV端子・ACコンセント(30A)・マットレス6枚・座卓テーブル1台

料金(1泊) 8,250円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円  
5名まで(追加料金1,050円/人で最大8人まで)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

スポンサーリンク

キャンピングカーサイト

区画数 23区画
車 駐車
スペース

2~4台ほど停めれるが、2台目以降は1,050円/台
電源の有無
水道関係 簡易キッチンあり
特記事項

テント2張り、タープ1張りまで設置可能
ACコンセント(20A 1口、30A 1口)・TV端子・個別炊事場・上下水道

料金(1泊) 5,150円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円  
12名まで(定員を超えての利用はできません)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

スタンダードカーサイト

区画数 40区画
車 駐車
スペース

2台ほど停めれるが、2台目以降は1,050円/台
電源の有無
水道関係 簡易キッチンあり
特記事項

テント1張り、タープ1張りまで設置可能
ACコンセント(20A 1口、30A 1口)・TV端子・個別炊事場・上下水道

料金(1泊) 5,150円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円  
5名まで(定員を超えての利用はできません)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

フリーテントサイト

区画数 50区画
車 駐車
スペース
×
指定の駐車場へ、2台目以降は1,050円/台
電源の有無 ×
水道関係 共同の炊事棟あり
特記事項 テント1張り、タープ1張りまで設置可能
二輪車500円でのご利用はテント人数等に制限あり
料金(1泊) 1,550円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円  
6名まで(定員を超えての利用はできません)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

わんわんぺっとサイト

区画数 5区画
車 駐車
スペース
×
指定の駐車場へ、2台目以降は1,050円/台
電源の有無 ×
水道関係 共同の炊事棟あり
特記事項

ペットを連れてのご利用は、こちらのサイトのみ
ペット1匹につき500円

料金(1泊) 1,550円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円  
6名まで(定員を超えての利用はできません)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

夏休み限定スペシャルフリーサイト

区画数 10区画
車 駐車
スペース
×
指定の駐車場へ、2台目以降は1,050円/台
電源の有無 ×
水道関係 共同の炊事棟あり
特記事項

7月15日~8月17日まで限定

料金(1泊) 3,100円(車1台含む)
区画使用料の他に 大人(15歳以上)860円、小人(小・中学生)120円、幼児(6歳未満)無料、シルバー(65歳以上)620円  

6名まで(定員を超えての利用はできません)
※0歳児も人数に含む

(出典:オートリゾート滝野

レンタル用品とご利用料金

テント 3,100円 2バーナー 1,050円
タープ 1,550円 電磁調理器 1,050円
キャンピングマット 300円 ホットプレート 1,050円
ガスランタン
(ガス別売り)
1,050円 炊飯器(1升炊き) 1,050円
電池ランタン
(電池別売り)
510円 スモーカー
(チップ別売り)
510円
バーベキューコンロ大(炭、網別売り) 1,050円 扇風機 510円
バーベキューコンロ小(炭、網別売り) 820円 ハンモック
(自立式)
620円
ピラミッドグリル 820円 15型テレビ 1,550円
イス 300円 クーラーボックス 510円
テーブル 500円 ダッチオーブン 1,050円
毛布 510円 クッカー(鍋、フライパンなど) 510円
シュラフ(寝袋) 510円 食器セット
(4人分)
510円
200円 包丁、まな板セット 300円
シーツ 100円 調理器具セット
(おたま、しゃもじ、フライ返し、トング)
300円
バスタオル 200円 延長コード(電源/TV各) 300円
※その他、卓球、サッカーボール、おもちゃの貸し出しもあります。
※レンタル品のご予約は、電話での受け付けのみとなります。インターネットからのレンタル品のご予約はできません。

キャンプ場をまとめていると思ったよりも文字数になったので
今回は、

  • ながぬまマオイオートランド
  • オートリゾート滝野

についてご紹介しました。

今は、テントがなくてもキャンプができる時代となってきていますね。
コテージを利用すると電気も使えるので快適です。

ペットを飼っていて一緒にキャンプに連れていきたい人はオートリゾート滝野の“わんわんぺっとサイト”をご利用しましょう。

ご紹介しきれなかったキャンプ場について今後取り上げさせていただきます。

コテージとバンガローの違いについては下記の記事から

知らなきゃ損!バンガローとコテージの違いは?比較してわかりやすく解説
あなたは、キャンプが好きですか? キャンプは楽しいですよね。 まだ、キャンプをしたことがないという方、一度行ってみてはいかがですか? きっと、楽しいと思ってくれると思います。 さて、キャンプをするのに欠かせないのがテントですよね。 ...

キャンプに必要な持ち物は下記の記事から

【初心者必見】キャンプに何を持っていけばいいの?準備するものをご紹介!
こんにちは。アウトドアが好きなゆーしです。 小さい時はよく家族とキャンプをしていました。 大人になるとキャンプへ行く機会が少なくなってしまいました。 自分が大きくなり、友達と行こうと思ったがテントがないじゃありませんか! そんなこん...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました